メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友文書改ざん

首相、麻生氏辞任否定「全容解明に責任」

 安倍晋三首相は12日、財務省の決裁文書を巡る調査結果を受け、麻生太郎副総理兼財務相の進退について「全容解明へ調査を進める責任を果たしてほしい。信頼回復へ組織を立て直すため、全力を挙げて取り組んでもらいたい」と辞任を否定した。そのうえで「行政全体の信頼を揺るがしかねず、行政の長として責任を痛感している。国民に深くおわびする」と陳謝した。首相官邸で記者団に語った。

 これに先立ち、麻生氏は財務省で「私は進退は考えていない」と記者団に明言した。改ざんに関しては「財務省理財局の一部職員により行われた」と繰り返し、自身は前日の11日に事実を知ったと述べた。菅義偉官房長官は記者会見で、官邸が官僚人事を掌握していることが官僚の「そんたく」につながったとの指摘に対し「ありえない」と反論した。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです