メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河野外相

韓国国情院長と会談 金氏との会談内容説明

会談を前に握手する河野外相(右)と韓国の徐薫国家情報院長=東京都港区の飯倉公館で2018年3月12日午後5時55分、代表撮影

 河野太郎外相は12日、韓国の特使団の一員として北朝鮮を訪問した徐薫(ソ・フン)国家情報院長と東京・麻布台の外務省飯倉公館で会談した。非核化の意向を示した金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談内容について、徐氏から説明を受けた。

     河野氏は会談後、記者団に「詳細な説明を受け、今後の対応方針について綿密にすり合わせた」と語った。ただ、説明内容については「日韓、日米韓で連携し(対応の)細部を詰めていく過程にある」との理由で詳細を明かさなかった。金委員長が拉致問題に言及したかや、日本向けのメッセージを伝えてきたかについても「発表されている以上の中身については控える」とかわした。

     会談では、北朝鮮が非核化に向けた具体的な行動をとるまで最大限の圧力を継続する方針で一致。拉致問題で日韓が連携していくことも確認した。河野氏は、北朝鮮への国際原子力機関(IAEA)の査察が実施される場合、財政的な支援を行う用意があると伝えた。

     会談は夕食を交えながら約2時間50分。谷内正太郎国家安全保障局長、北村滋内閣情報官も同席した。安倍晋三首相も13日に徐氏と会談する。【加藤明子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
    2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
    3. 西日本豪雨 多くの住民、学校に避難 教職員ら対応に追われ
    4. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ
    5. IR実施法案 「カジノ、観光に波及」? 国会で論争

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]