メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対馬放火殺人

39歳被告に死刑求刑

 長崎県対馬市で2016年12月、民家が全焼し、住人の漁業、古川敬氏(けいし)さん(当時65歳)と次女で診療所職員の聖子さん(同32歳)の遺体が見つかった事件で、殺人と現住建造物等放火の罪に問われた同市美津島町の元鉄工所経営、須川泰伸(ひろのぶ)被告(39)の裁判員裁判の論告求刑が12日、長崎地裁(小松本卓裁判長)であった。検察側が死刑を求刑し、結審した。判決は27日。

     検察側は論告で、火災現場にあったガソリン携行缶から須川被告の掌紋が見つかったことなどから「被告が犯人であることは間違いない。何の落ち度もない2人の命を奪った結果は重大で、悪質だ」と指摘した。弁護側は「検察が主張する間接事実は犯人性の証明力に乏しい」と反論し、須川被告は「絶対にやっていません」と無罪を主張した。

     起訴状によると、須川被告は16年12月6日から翌7日朝までの間に、対馬市内で敬氏さんを鈍器で殴り、敬氏さん方で聖子さんを殴って2人を殺害したうえ、敬氏さん方に放火して全焼させたとされる。【浅野孝仁、今野悠貴】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長に逮捕状 詐欺容疑
    2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    4. ORICON NEWS 天才演じる石原さとみ「私は普通の人」 峯田和伸の“取説”に興味津々
    5. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]