メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対馬放火殺人

39歳被告に死刑求刑

 長崎県対馬市で2016年12月、民家が全焼し、住人の漁業、古川敬氏(けいし)さん(当時65歳)と次女で診療所職員の聖子さん(同32歳)の遺体が見つかった事件で、殺人と現住建造物等放火の罪に問われた同市美津島町の元鉄工所経営、須川泰伸(ひろのぶ)被告(39)の裁判員裁判の論告求刑が12日、長崎地裁(小松本卓裁判長)であった。検察側が死刑を求刑し、結審した…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文447文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです