森友文書改ざん

麻生氏、頭下げぬ謝罪 調査「捜査後に」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 誰が、どのように決めたのか--。学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却を巡り、財務省が契約に関する決裁文書を改ざんし、安倍晋三首相の妻昭恵氏に関する記述などを削除していたことが12日、明らかになった。調査結果は公表されたものの、問題の核心について財務省のトップは言葉を尽くさず、真相解明を求める人たちは憤りの声を上げた。

 麻生太郎財務相は午後2時5分ごろ、財務省1階のエレベーターホールで待ち受けていた約100人の報道陣の取材に応じた。「極めてゆゆしきことで誠に遺憾。深くおわび申し上げる」。書面に目を落としながら謝罪はしたものの、頭を下げることはなかった。

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文919文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集