メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラスノボ

夢の通過点へ一歩 成田緑夢「銅」

スノーボード男子クロスで銅メダルを獲得し、フィニッシュ後に笑顔を見せる成田緑夢=旌善アルペンセンターで2018年3月12日、宮武祐希撮影

 【平昌・長田舞子、福島祥】「感動や希望を与えたい」という夢を抱いて出場した平昌冬季パラリンピックで、その一歩を踏み出した。成田緑夢(ぐりむ)(24)=近畿医療専門学校=は、父隆史さん(68)ら家族が見守る中、12日のスノーボードクロスで銅メダルを獲得した。「メダルの色ではない。夢の通過点を見せてくれた」。隆史さんはそう言って、息子の成長に目を細めた。

 「人よりも秀でるものを持ってほしい」。隆史さんは成田が物心つく頃から、兄の童夢(どうむ)さん、姉の今井メロさんと一緒にスノーボードに打ち込ませた。夏季には、ボートに引っ張られたボードで水上を滑るウエークボードも取り入れた。

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです