メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤ちゃんハテナ箱

男の子らしさ、女の子らしさ 意識するようになるのはどうして?

ぬいぐるみやお医者さんセット。男女どちらが遊んでも構わないのに、大人は無意識に「性別にふさわしい」方をすすめがち=稲田佳代撮影

 言葉の発達が進む3歳ごろになると、「ぼくは男の子だから強くないといけないんだ」「女の子だからお料理するんだよ」などと言い出したりする。「男の子だから」「女の子だから」と子どもが言い始めるのは、大人の影響が大きい。【生活報道部・稲田佳代】

 「女の子だから料理する」「男の子だから泣かない」などの発言は、社会や文化によって作られる社会的性別「ジェンダー」に影響されて出てくる。男女の役割について「こうあるべきだ」とする固定的な考えを「ジェンダー・バイアス(偏見)」といい、その子ならではの個性や能力を発揮する機会を奪う危険性がある。

 ジェンダー・バイアスのない保育や、幼児期の性教育に取り組んできた山梨県立大学の池田政子名誉教授(心…

この記事は有料記事です。

残り1633文字(全文1948文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
  5. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです