メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅の空から・たてがみなびかせ

笑い飛ばすおおらかさ=芦谷有香

 1年のうち半年を英国で暮らすようになって、6年がたった。英国人がいかに「笑う」ことに重きを置いているかを実感している。

 数年前の調査結果だが、英国人の93%が1日に1回、大声で笑っているそうだ。笑わせることが好きな人は82%、パートナーが笑わせてくれることは重要だと考えている人も同率いるという。パートナーに求める条件に「ユーモアのセンスがある人」を第一に挙げる人さえいるぐらいだ。昨年、某新聞には「子供がユーモアのセンスを持つようになる方法」と題し、大学で心理学を教える博士のコラムが掲載されていた。

 ロイヤルファミリーはクリスマスイブの日、ちょっと変わった家族イベントをする。プレゼント交換なのだが、意外にも高価な物はご法度で、「安くて面白いもの」が前提なのだ。例えば、ヘンリー王子はエリザベス女王に若者が友達に冗談で贈るような下品な言葉の書かれたシャワーキャップを、アン王女はチャールズ皇太子に白い革製の便座シートを、キャサリン妃はフィリップ殿下に手製の釣り用疑似餌をそれぞれ贈ったことがあるそう…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです