メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

ミュージシャン、シシド・カフカさん ドラマー夢見た下北沢

 私が成長する過程で関わりが深かったのは下北沢。ライブハウスがたくさんあり、音楽家が集まる街なので、通い詰めました。シャイだった自分が心を開くまで、ずっと見守ってくれた場所です。

 高校時代はバンドを組み、下北沢で浴びるほどライブを見ました。週3回は通っていたでしょうか。地下で演奏する「シェルター」や小さな空間が魅力の「ガレージ」、閉店してしまった「屋根裏」など、ほぼ全てのライブハウスに通いましたね。若手のミュージシャンは、この街を通過して羽ばたいていくというイメージがありました。私も観客席から、将来の自分がステージに立つ姿を思い描きながら演奏を聴いていました。

 両親は生で演奏を聴く大切さを理解してくれました。でも、夜遅く帰ると怒られる。演奏が終わると終電の時…

この記事は有料記事です。

残り1408文字(全文1741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです