メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦順位戦 井上慶太九段-横山泰明六段 第3譜

俗手の好手

 図の[先]9六角が狙いの一打だった。次に[先]7二銀が厳しい。横山は[後]7六歩~[後]7四歩としのぐが、井上の[先]6四銀が俗手の好手。6三の金を攻めるのが急所で、[先]7四角の活用が見込める。横山は「[先]6四銀に切り返しがないと苦しい。本譜は結局、角をさばかれてしまった」と苦戦を認めた。

 [後]6四角は実戦的な勝負手だ。[後]同飛に対し、[先]8三角成は[後]6七銀がうるさい。井上は[…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文435文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]