メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長年使い続けた柝を手に話をする歌舞伎狂言作者の竹柴正二=和田大典撮影

芝居の全てを円滑に

 明治までの狂言作者は実際に歌舞伎の劇作を担当したが、現代では上演台本の管理など舞台進行を円滑に進めるのが主たる仕事。東京には12人の狂言作者がおり、筆頭が1941年生まれの正二だ。

    ■   ■

 歌舞伎の演目が決まると主な配役は興行主の松竹から発表されるが、それ以外の配役の通行人や立ち回りに出る俳優は狂言作者が決める。幹部俳優の弟子が多いので、演目によっては出演せず、師匠の手伝いに入る場合もある。本人の動向や経歴を把握していないと割り振りはできない。

 付け帳の作成も役割。横綴(と)じの帳面に演目名や配役を記す。それを衣装、大道具、小道具など、各分担…

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文1003文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. JR福知山線脱線 「今も足が震える」救助に走った会社員

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです