メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長年使い続けた柝を手に話をする歌舞伎狂言作者の竹柴正二=和田大典撮影

芝居の全てを円滑に

 明治までの狂言作者は実際に歌舞伎の劇作を担当したが、現代では上演台本の管理など舞台進行を円滑に進めるのが主たる仕事。東京には12人の狂言作者がおり、筆頭が1941年生まれの正二だ。

    ■   ■

 歌舞伎の演目が決まると主な配役は興行主の松竹から発表されるが、それ以外の配役の通行人や立ち回りに出る俳優は狂言作者が決める。幹部俳優の弟子が多いので、演目によっては出演せず、師匠の手伝いに入る場合もある。本人の動向や経歴を把握していないと割り振りはできない。

 付け帳の作成も役割。横綴(と)じの帳面に演目名や配役を記す。それを衣装、大道具、小道具など、各分担…

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文1003文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  4. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]