メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それぞれの3.11

東日本大震災7年/5止 歌人・梶原さい子さん

=宮城県大崎市の江合川で

海と真実、歌い続ける

 あの日、宮城県内陸部、大崎市の高校で勤務中、3年前の岩手・宮城内陸地震(震度6弱)を大きく超える激震に見舞われた。校庭に地割れが走り、外国人の英語助手はショックのため、一時的に視力を失った。

 倒壊物で家に入れず、車中で過ごしながら「気持ちは海に帰っていました」。生家は、津波による燃油の流出で火の海と化した三陸・気仙沼湾の最奥にある早馬(はやま)神社(気仙沼市唐桑町)。

 地獄だと言ひてそののちおとうとの携帯電話は繋(つな)がらざりき

この記事は有料記事です。

残り1317文字(全文1545文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  4. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に
  5. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです