メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背信・森友文書

麻生氏「佐川が」「佐川が」 責任転嫁に躍起 国会審議

参院予算委の集中審議で財務省の決裁文書の改ざん問題について謝罪する同省の太田充理財局長(右奥)。左手前は安倍晋三首相、同2人目は麻生太郎財務相=国会内で14日午前9時12分、宮間俊樹撮影

 「森友学園」(大阪市)との国有地取引に関する決裁文書の改ざん問題で、財務省が「書き換え」を認めてから初めての国会審議が14日始まった。野党が欠席する中、政府・与党からは、理財局長だった佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官に責任を押し付けるような発言が相次ぎ、識者からは「国民の理解は得られない」と批判の声が上がった。【杉本修作、伊藤直孝】

 「(佐川氏の)答弁が誤解を受けることのないようにした。『そんたく』した話ではない」。14日午前の参院予算委員会。自民党の西田昌司氏から、財務省が文書を削除するなどした理由を問われた麻生太郎財務相は言い切った。佐川氏を呼び捨てにし、「書き換えは本省の利害で行われたもの。(政治家の)不当な圧力はなかった」と繰り返し、自身や安倍晋三首相らの関与がなかったと強調した。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

  3. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  4. 参院長野補選 立憲が弟の羽田次郎氏擁立へ 野党統一候補の見込み

  5. コロナ禍で東京オリンピックは開催できるのか 首相の経済回復願望と「五輪ムードない」医療の危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです