メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 危険とわかっていても、急いでいるとつい、歩いてしまうエスカレーター。ラッシュ時、右側にできる長い列を避けて左側に並ぶと、たちまち背後の「圧力」に耐え切れなくなる。

 斗鬼(とき)正一・江戸川大教授によると、エスカレーターの「片側空け」は、第二次大戦中のロンドンで輸送効率を上げるために採用されたのが始まり。日本では、1970年の大阪万博を控えて阪急が梅田駅で…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]