メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

30歳の青函トンネル

/下 生活と経済支える 貨物列車が6割超 新幹線高速化へ「共存」課題 /北海道

青函航路を往来するフェリー=函館市港町で

 この2年は北海道新幹線に注目が集まった青函トンネルだが、1日約80本の通過列車のうち6割を超す約50本は貨物が占める。

 トンネルを通って2016年度に運ばれた貨物は、北海道発着それぞれ約225万トン。フェリーを使ったトラック輸送の増加などにより1996年度のピークに比べると発着合計で年間100万トン以上減ったものの、乳製品、製紙品、日用品など多様な物資が行き来している。15年度は、北海道から運び出されるタマネギの64%(26万トン)、ジャガイモの43%(12万トン)が鉄道経由だった。

 札幌と函館方面を結ぶ鉄路が災害や事故で何日か不通になると、道内では農作物を積んだ多くのコンテナが足…

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1369文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 質問なるほドリ 画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪
  4. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
  5. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]