メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

帆手まつり

大神輿勇壮 塩釜神社 /宮城

大神輿を担ぎ、息を合わせて石段を下る氏子たち=塩釜市の塩釜神社で

 港町に春を告げる塩釜市の塩釜神社の「帆手(ほて)まつり」が10日開かれ、重さ1トンの大神輿(おおみこし)が約600人のお供を従え、勇壮に市内を練り歩いた。

 江戸時代から300年以上続く伝統の「火伏せ」の祭りで、氏子が中心になって行う「氏子祭り」の草分け。年3回祭りはあるが、帆手まつりはその最初とな…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文295文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日田市営バス 回数券ミス 100枚つづり10枚多く
  2. 大阪震度6弱 初の悪質商法 「ガス修理、十数万円」被害
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  4. 福井都タクシー “タクハラ”お断り 運送約款を変更
  5. 長生マスクメロン 出荷始まる /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]