メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・首長に聞く

宮本皓一・富岡町長 若者が戻りたい町に 働く場所確保、補助事業も /福島

町は昨年3月に公設民営の商業施設「さくらモールとみおか」をオープンさせた=富岡町小浜で昨年3月

 --昨年4月に町の大半で避難指示が解除された。

 帰還困難区域がまだ残っており、解除できた区域も生活インフラを整備しなければならない。来年度は帰還困難区域で「復興拠点」の整備が始まるが、拠点の内外で住民の分断が生じることを危惧している。拠点から漏れた地域が少しでも早く次のステップに進めるよう国と粘り強く交渉する。「町とつながっていたい」という住民の気持ちが無くならないようにしたい。

 --国が多額の復興予算を投じる「復興期間」はあと3年で終わる。

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1378文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです