メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

甲状腺検査を継続 被ばく影響懸念 市民団体、独自で /茨城

児童の喉に探触子を当てながら検査する野宗義博特任教授(右)=牛久市牛久町で

 県内の市民団体などでつくる「関東子ども健康調査支援基金」(事務局・守谷市)は、東京電力福島第1原発事故で放出された放射性ヨウ素による影響を懸念し、独自の甲状腺検査を続けている。国も関与する大規模な検査は福島県内に限定され、国や自治体の支援もない中、4年半で延べ約8000人の子供たちを調べ続けてきた。主催者は「被ばくの影響はいつ出るか分からない。長い時間調べ続けることが必要だ」と意義を訴える。【安味伸一】

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1275文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー 柴崎岳選手が女優の真野恵里菜さんと結婚
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 花咲徳栄、猛攻圧勝 昌平と本庄東、4回戦へ /埼玉
  4. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  5. プラスチック危機 つながる海、牙むくゴミ(その1) クジラの体内から29キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]