メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

甲状腺検査を継続 被ばく影響懸念 市民団体、独自で /茨城

児童の喉に探触子を当てながら検査する野宗義博特任教授(右)=牛久市牛久町で

 県内の市民団体などでつくる「関東子ども健康調査支援基金」(事務局・守谷市)は、東京電力福島第1原発事故で放出された放射性ヨウ素による影響を懸念し、独自の甲状腺検査を続けている。国も関与する大規模な検査は福島県内に限定され、国や自治体の支援もない中、4年半で延べ約8000人の子供たちを調べ続けてきた。主催者は「被ばくの影響はいつ出るか分からない。長い時間調べ続けることが必要だ」と意義を訴える。【安味伸一】

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1275文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです