メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・ちば

食の信頼回復に奮闘 柏で「野菜」 福島では「魚」 筑波大大学院准教授・五十嵐さん /千葉

同じ建物にある嶺南中学校で、児童たちに声をかける南房総市丸山学校給食センターの栄養教諭の小安亜季さん=南房総市沓見で

 東京電力福島第1原発事故後に放射性物質を含む水が海に放出されたことなどにより、漁業は大きなダメージを受けた。そんな中、柏市に住む筑波大大学院准教授、五十嵐泰正さん(44)=都市社会学=は震災後に同市で市民目線を生かして農産物の売り上げ回復に取り組んだ経験を、福島でも生かそうと奮闘している。【町野幸、斎藤文太郎】

 3月4日、福島県いわき市の小名浜港。同市民ら有志のグループ「うみラボ」のアドバイザーも務める五十嵐…

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1215文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日田市営バス 回数券ミス 100枚つづり10枚多く
  2. 大阪震度6弱 初の悪質商法 「ガス修理、十数万円」被害
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  4. 福井都タクシー “タクハラ”お断り 運送約款を変更
  5. 長生マスクメロン 出荷始まる /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]