メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模原事典

歴史や人物、1300項目 涌田さん夫妻発刊 二人三脚で詳細取材 /神奈川

明 二人三脚で「相模原事典」を発刊した涌田さん夫妻

 相模原市南区相武台に住む文芸評論家の涌田佑さん(89)と妻で元小学校教諭の久子さん(83)が、古代から現代まで相模原の事跡をまとめた「相模原事典」(B5判282ページ、日相出版刊)を発刊した。郷土史家の夫妻が二人三脚で調べ上げた共著。地域の魅力と歴史的な変遷を立体的に浮かび上がらせた。【高橋和夫】

 地誌や自然、歴史、風俗、社寺、観光、出来事、人物など各分野から1300項目を取り上げ、相模原のことなら何でも分かるような“百科事典”に仕上げた。

 涌田さんは作家・井伏鱒二の研究などの文芸評論や郷土史家として大きな功績を残しながら、埋もれていた相…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 犯人は逃走

  2. 鳥、ヘビ、魚…ナスカの地上絵新たに143点発見、AIも活用 山形大

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 平等院鳳凰堂がライトアップ 阿弥陀如来坐像など厳かに照らす

  5. 「テニスの王子様」 俳優の滝口幸広さん死去、34歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです