メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロヒンギャ難民

命のために 大阪赤十字病院看護師ら、バングラデシュ派遣報告 技術指導も /大阪

地元の赤新月社スタッフ(左)と共にロヒンギャたちの傷の処置をする大阪赤十字病院の看護師=2018年1月、同病院提供

 バングラデシュで難民化しているミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」を支援するため、現地に派遣されていた大阪赤十字病院(大阪市天王寺区)の看護師ら3人による報告会が大阪市内であった。看護学生ら約30人が耳を傾けた。【千脇康平】

 ミャンマー治安部隊による昨夏の掃討作戦以降バングラデシュへ逃れたロヒンギャ難民は60万人を超える。日本赤十字社は9月から医療チームを派遣。3人は他に薬剤師、同病院国際救援課職員で、今年1~2月の約7週間…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
  2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  4. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
  5. はしか 新たに3人の女性の感染確認 愛知で8人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]