メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木山捷平短編小説賞

東京の梅津さん受賞 「人間の感情を作品に」 /岡山

 笠岡市出身の文芸作家、木山捷平(1904~68)を顕彰する同市の第13回木山捷平短編小説賞に東京都大田区在住の翻訳業、梅津里江さん(37)の「骨とトマト」が選ばれた。

 未発表作品を国内外から公募しており、今回は195編の応募があった。元文芸誌編集長と木山捷平研究者が予備選考で10編に絞った後、文芸評論家の川村湊氏と小説家の佐伯一麦氏が選考した。

 受賞作は、フィリピン人の母親と日本人の父の間に生まれた「僕」が主人公。父は蒸発、母も帰国し、自身は…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文691文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです