メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木山捷平短編小説賞

東京の梅津さん受賞 「人間の感情を作品に」 /岡山

 笠岡市出身の文芸作家、木山捷平(1904~68)を顕彰する同市の第13回木山捷平短編小説賞に東京都大田区在住の翻訳業、梅津里江さん(37)の「骨とトマト」が選ばれた。

 未発表作品を国内外から公募しており、今回は195編の応募があった。元文芸誌編集長と木山捷平研究者が予備選考で10編に絞った後、文芸評論家の川村湊氏と小説家の佐伯一麦氏が選考した。

 受賞作は、フィリピン人の母親と日本人の父の間に生まれた「僕」が主人公。父は蒸発、母も帰国し、自身は…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文691文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日田市営バス 回数券ミス 100枚つづり10枚多く
  2. 大阪震度6弱 初の悪質商法 「ガス修理、十数万円」被害
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  4. 福井都タクシー “タクハラ”お断り 運送約款を変更
  5. 長生マスクメロン 出荷始まる /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]