特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

翔べウイングス

’18センバツ創成館 第3部 選手の横顔/5 松山隆一右翼手/戸田達也投手 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <第90回記念選抜高校野球>

下半身を強化し成長 松山隆一右翼手(2年)

松山隆一右翼手 拡大
松山隆一右翼手

 昨秋の県大会決勝、長崎商戦では苦い経験をした。七回、右翼線際に飛んできたライナー性の飛球を捕れずに、同点に追いつかれる三塁打を許してしまった。その経験を糧に、今冬は、ライン際に飛ぶ打球への対処を繰り返し練習した。

 打線では6番打者として中軸の後を打つ。昨秋の公式戦では要所で適時打を放った。二塁打と三塁打も各2本。「下位打線がしっかり打たないと勝てない」と語る。

 センバツに向け、低めの変化球にもついていけるよう冬の間に下半身を強化した。早速、その成果が表れ、3月上旬の練習試合ではホームランを放った。「楽にバットを振ることができた」と成長を実感する。

 自他ともに認めるチームのムードメーカー。守備時は右翼から、攻撃時はベンチから声を張り上げるが、練習が終われば、おどけて笑いを取ることも。持ち前の明るさで、チームに勢いをつける。

フォーム見直し自信 戸田達也投手(2年)

戸田達也投手 拡大
戸田達也投手

 昨秋の公式戦は8試合に投げ、防御率0・93と抜群の安定感。県大会決勝の長崎商戦では七回途中にマウンドへ。1点リードの九回には1死から同点の走者を出したが、次の打者を自己最速の141キロの直球で遊ライナー併殺に仕留めた。持ち味の打たせて取る投球で、優勝をたぐり寄せた。

 だが、その後は苦戦した。フォームを崩し、登板機会が減った。明治神宮大会準決勝の大阪桐蔭戦では、投手としても野手としても同世代トップの逸材といわれる根尾昂(あきら)選手(2年)との対戦を楽しみにしていたが、出場機会がなかった。同じチームの投手陣が強打の大阪桐蔭打線を抑えるのを見て、悔しさも感じた。

 この冬、フォームを見直した。リリース時の球の抜けが良くなり、回転数も増えた。自信があったスライダーのキレも良く、センバツへの準備は整いつつある。「先発でも継投でも、ピンチに強い、気迫のこもった投球をしたい」と活躍を誓う。

〔長崎版〕

次に読みたい

あわせて読みたい