メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

国有地売却問題 文書改ざん 佐川氏招致、容認論広がる 与党、国会空転打開狙う

 学校法人「森友学園」を巡る文書改ざん問題で13日、改ざん当時の財務省理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官の国会招致を容認する意見が、与党内で広がり始めた。野党の審議拒否で新年度予算案や予算関連法案を巡り国会の空転が続く中、局面を打開する狙いがある。ただ与党は、野党の審議復帰をまず求めており、与野党の攻防はなお続く。

 自民党の岸田文雄政調会長は「信頼回復の努力として、どういった人間を招致するかは、現場(参院予算委員…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文970文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです