メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/7 バブル崩壊、どん底に

東京・三田にあった伊藤忠商事の社宅。現在は高級マンションが建っている

 東京・三田の慶応大学三田キャンパス近く。周囲にいくつもの大使館が建ち並ぶ都心の一等地に、伊藤忠商事社長の岡藤正広(68)が「人は同じ失敗を繰り返す」ことの戒めとして、ことあるごとに引き合いに出す因縁の土地がある。

 オーストラリア大使館の用地の一部を伊藤忠が購入したのはバブル期真っただ中の1988年。約6000平方メートルの土地に約600億円の費用を投じた。商業ビルを建設する予定だったが、購入費用があまりにも高すぎたうえ、バブル崩壊に伴う地価の下落で開発計画が頓挫。土地はそのまま塩漬けとなった。やむなく社宅を建てたが、巨額の損失を出し、バブル期の野放図な不動産投資を象徴する物語として社内で語り継がれている。

 戦後の高度経済成長期の波に乗り、総合商社としての成長を遂げた伊藤忠。しかし、70年代に入って石油シ…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1146文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです