メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

生活変える18歳成人 民法改正案、22年4月施行へ 消費者トラブル拡大懸念

民法の成人年齢引き下げで何が変わるか?

 政府は13日、成人年齢を20歳から18歳とするための民法改正案を閣議決定し、国会に提出した。成立すれば明治以来続く「大人」と「子供」の境界が約4年後の2022年4月1日に引き下げられる。民法の成人年齢は多くの法律の「基準」となっており、経済などさまざまな分野に影響が及ぶのは確実だ。

 「少子高齢化が急速に進むなか、若年者の社会参加を促し、その自覚を高める」。上川陽子法相は13日の閣議後記者会見で「18歳成人」の意義を強調した。

 成人年齢引き下げの議論は憲法改正の手続きを定めた「国民投票法」が07年に成立したのが発端だ。「若い…

この記事は有料記事です。

残り1990文字(全文2255文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  3. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  4. 面前DV判決 元少年に必要なのは…重い刑罰か治療か 
  5. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです