メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

何のため誰のため=中村秀明

 <sui-setsu>

 経営のあり方を考えさせられるような集まりに参加した。

 20人近い企業幹部が5日間、千葉県木更津市の研修施設に泊まり、古典の抜粋を読んで受け止め方や考えを語り合う。教材はカントの「永遠平和のために」、坂口安吾の「日本論」、プラトンの「ソクラテスの弁明」、古事記や論語、米独立宣言など約40。日本アスペン研究所が1998年から、年3回開くエグゼクティブ・セミナーである。

 社命による大企業の部長や新任役員が多いが、中小企業の経営者やNPO(非営利組織)の幹部もいる。結論…

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文990文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです