メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

素材メーカーのトクサイって? 規格外でも取引 双方納得が前提=回答・川口雅浩

辞任表明する神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長=東京都中央区で2018年3月6日、手塚耕一郎撮影

 なるほドリ 神戸製鋼(せいこう)所や三菱(みつびし)マテリアルなどの品質検査データ改ざん問題で「トクサイ」という言葉を聞いたよ。何のこと?

 記者 日本の素材メーカーで広く行われている「特別採用」という取引で、略してトクサイと呼ばれます。例えば神戸製鋼のような素材メーカーは、自動車メーカーなどの取引先から、強度や寸法(すんぽう)などについて細かく定められた「仕様書」に基(もと)づき鉄やアルミニウム製品を生産し、納入します。しかしすべての製品を仕様書通りに製造することは難しく、品質にばらつきが出てしまいます。仕様に満たない場合でも、取引先に検査データを示し、双方納得(なっとく)のうえ出荷する。これが特採です。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  2. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 「東京マラソン・ショック」 各地の大会も相次ぎ中止 専門家は「背景に責任論」

  5. ファクトチェック 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです