メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
激動の世界を読む

アジア新興国と日本 経済連携が安定のカギ=日本貿易振興機構アジア経済研究所長・白石隆

昨年、ドイツで開かれたG20首脳会議に出席した各国代表。米国ファーストを掲げる“トランプ旋風”が吹き荒れ、多国間問題をより複雑にした=ハンブルクで2017年7月7日、ロイター

 新興国ということばがある。

 冷戦終焉(しゅうえん)以降、発展途上国といわれた国々の中で、いくつかの国がかなり長期にわたって高成長を遂げた。その結果、1人当たり国民所得では、主要7カ国(G7)に代表される先進国のまだ数分の一であるが、経済規模(国内総生産)では、主要先進国に匹敵する国が登場した。そうした国々は自己主張を強め、国際的にはもう無視できない。しかし、国内的には、高成長とともに社会が急速に変化し、政治、経済的にリスクも不確実性も大きい。それが新興国である。

 では、具体的にどういう国をいうのか。これは論者によって違う。ひと頃、大いに語られたBRICS(新興…

この記事は有料記事です。

残り2565文字(全文2849文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  4. 磯部温泉 安中市、「恋人の聖地」に 「結び処」を設置、カップル呼び込め /群馬

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです