メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古訴訟 判決、翁長知事に打撃 対抗手段は限定的

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡る国と県との法廷闘争は、13日に判決が出て再び県側敗訴となった。政府は計画通りに移設を推進する方針で、移設阻止を掲げる翁長雄志知事は大きな打撃を受けた。秋には知事選が控え、再選に向けても知事を取り巻く政治状況は厳しさを増している。

 この日、知事は辺野古移設に関するシンポジウムに出席するため米国出張中で県庁に不在。4月に副知事に就…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1104文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです