メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背信・森友文書

国会攻防「持久戦」の様相 野党、喚問求め審議欠席 参院予算委

民進、立憲などの野党議員が欠席のまま行われた参院予算委員会の公聴会=国会内で2018年3月13日、川田雅浩撮影

 財務省の決裁文書改ざん問題を巡る与野党の対立は13日も続いた。野党は、文書改ざん時の担当局長だった佐川宣寿前国税庁長官らの証人喚問を要求して国会審議を拒否。野党が審議に応じる環境をつくるため、与党の方から安倍晋三首相が出席する参院予算委員会の集中審議を提案する異例の展開となっている。それでも野党は応じない姿勢で、攻防は「持久戦」の様相を呈してきた。【村尾哲、真野敏幸】

 「あれだけ大きな事案が出てきたわけで、首相入りの集中(審議)をすべきだ」

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです