メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

自公が作業チーム 強制不妊救済へ 月内に初会合

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの強制的な不妊手術が行われていた問題で、自民、公明両党は13日の与党政策責任者会議で、救済策を協議する与党ワーキングチーム(WT)の設置を決めた。両党の9議員で構成し、座長には自民の田村憲久元厚生労働相が内定。月内にも初会合を開き、議員立法の策定に向け…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  2. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  3. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  4. 地震 大阪府北部で震度6弱
  5. 大阪震度6弱 「有馬-高槻断層帯」近くで発生 気象庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]