メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
街角から

北朝鮮よりMetoo ソウル支局・大貫智子

 日韓のメディアの関心が、韓国政府特使団と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談に集まっていた5日夜、韓国社会に衝撃が走った。次期大統領選の最有力候補だった安熙正(アンヒジョン)忠清南道知事に性暴力を受けたとして、知事の女性秘書がテレビのニュース番組に生出演し、被害を告発したからだ。

 安氏は翌6日、女性に謝罪したうえで知事を辞職。9日には検察に出頭した。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文558文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  4. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです