メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背信・森友文書

「接待汚職より深刻」 財務省対応を注視 霞が関

野党合同の会合で財務省の決裁文書改ざん問題について議員たちの質問に答える同省の富山一成理財局次長(右から3人目)=国会内で2018年3月13日午後3時24分、川田雅浩撮影

 公文書の改ざんが発覚した財務省は、旧大蔵省時代から組織を揺るがす不祥事がたびたび起きた。大臣や事務方トップの事務次官が辞任に追い込まれ、そのたび再生を誓った。今回の改ざんで財務省は大阪地検の捜査を見極めて関係者を処分する方針だが、今回の問題は国民をあざむく面がより強いとの見方もある。組織として責任の所在を明確にし、効果的な再発防止策を打ち出せるか。財務省は正念場を迎えている。【工藤昭久、大久保渉】

 麻生太郎財務相は12日に記者団の取材に応じた際、逮捕者が続出した接待汚職に匹敵する不祥事かと問われ…

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1269文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. ORICON NEWS 楽天・松井裕樹&石橋杏奈が結婚「より一層野球に精進」
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです