メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背信・森友文書

「接待汚職より深刻」 財務省対応を注視 霞が関

野党合同の会合で財務省の決裁文書改ざん問題について議員たちの質問に答える同省の富山一成理財局次長(右から3人目)=国会内で2018年3月13日午後3時24分、川田雅浩撮影

 公文書の改ざんが発覚した財務省は、旧大蔵省時代から組織を揺るがす不祥事がたびたび起きた。大臣や事務方トップの事務次官が辞任に追い込まれ、そのたび再生を誓った。今回の改ざんで財務省は大阪地検の捜査を見極めて関係者を処分する方針だが、今回の問題は国民をあざむく面がより強いとの見方もある。組織として責任の所在を明確にし、効果的な再発防止策を打ち出せるか。財務省は正念場を迎えている。【工藤昭久、大久保渉】

 麻生太郎財務相は12日に記者団の取材に応じた際、逮捕者が続出した接待汚職に匹敵する不祥事かと問われると、「問題の本質は全く違う。どちらが重いかは今の段階で申し上げられない」と話した。しかし、霞が関では「行政全体に対する信頼を損ないかねず、接待汚職よりも深刻だ」(経済官庁幹部)との声も出ている。

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1269文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  5. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです