メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

吉野彰さん=日本国際賞を受賞する

日本国際賞を受賞した吉野彰さん=東京都千代田区で2018年1月30日、根岸基弘撮影

 スマートフォンやノートパソコンに不可欠なリチウムイオン電池(LIB)の開発で「日本版ノーベル賞」とも呼ばれる今年の日本国際賞に決まった。「モバイル革命の原動力となった」と評価された技術は、電気自動車やロボット分野へも広がる。「賞はイノベーションに挑む研究者たちの励みになる」と喜ぶ。

 「専門外だったから、ここまでできたと思う」。学生時代の専門は石油化学。1972年に旭化成に入社後、電気を通すプラスチックの研究がきっかけで、電池の開発に足を踏み入れた。80年代、既存の材料をうまく組み合わせ、LIBの原形を開発した。「自分が持つシ…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. 瀬戸康史さんと山本美月さん結婚発表 インスタで「お互いに大切な存在」

  5. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです