特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 渡辺明棋王-久保利明王将 第48局の4

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

チャンスを逃す

 [後]9七銀は重く見えるが打つ一手で、単に[後]9六同馬は[先]9一角成[後]同玉[先]9九香と受けられて困る。

 [先]9四歩と取り込むのはゆっくりしているようだがもっとも早い手で、さすがはスピードスターである。

 久保も[後]5七角[先]6八香[後]9八銀不成と厳しく攻める。

 渡辺は少し粘りに入った。[先]8八桂[後]8七馬[先]6七金引である。この辺の攻守のバランスはさすがだが、後手玉を狭くする[先]8二歩がよくなかった。[先]8二歩では[先]6四歩が勝っていた。[後]同歩なら[先]7六桂打が厳しくなる。

 「そうですね。[先]6四歩と指されていたら、長考していましたね」と久保。「チャンスでしたか。そうでしたか」と、渡辺は肩を落とした。[先]6四歩に[後]同歩以外では[後]3八馬か[後]4九馬だが、[先]6三歩成の迫力も相当なものだ。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文802文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集