メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「頑張って」の思いを形に 入学・進学祝いのマナー

大学進学のお祝いとして選ばれている時計=東京都渋谷区の高島屋新宿店で、坂根真理撮影

 春は卒入学や進学のシーズン。新たな一歩を踏み出す子どもに、「入学祝い」「卒業祝い」「進学祝い」としてお祝い金やプレゼントを渡す人も多いのでは? お祝い金の相場や喜ばれるプレゼントを調べてみた。

 ●3週間前目安に

 「卒入学や進学のお祝いは、これから始まる新しい生活を頑張ってねという気持ちを形にしたものです」

 NPO法人「日本サービスマナー協会」のマナー講師、森良子さんは、そう話す。両親や祖父母らが、卒入学や進学をする子どもや孫にエールを送る意味をもつ「お祝い金」。ただし、お祝い金はあくまで「気持ちを伝えるもの」なので、絶対にしなければいけないものではないという。

この記事は有料記事です。

残り1543文字(全文1827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです