メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

顔ハメ看板 撮影は真顔で「敬意」忘れず

振り返ってみると最初の1枚となった顔ハメ看板=静岡県東伊豆町で2005年9月撮影(塩谷さん提供)

 観光地で顔の部分に穴の開いた看板に、自分の顔を出して写真を撮ったことはないだろうか。「顔ハメ看板」や「顔出し看板」と呼ばれている。東京都内に住む会社員の塩谷(しおや)朋之さん(34)は約3300枚にはまってきた自称「顔ハメ看板ニスト」だ。

 塩谷さんが振り返ってみて最初の1枚だという顔ハメ看板は、2005年9月に静岡県東伊豆町の伊豆急行伊豆熱川駅前で撮ったものだ。一緒に行った友人にカメラのシャッターを押してもらった。最初の頃は何気なくはまっていた看板だったが、「楽しんでもらいたい」という作る人の素朴な思いに触れるうち、自分で調べて行くようになった。

 最初の1枚から12年半たった今では年400枚ぐらいのペースではまっている。最近はインスタグラムなど…

この記事は有料記事です。

残り1317文字(全文1644文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  2. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  3. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです