メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

顔ハメ看板 撮影は真顔で「敬意」忘れず

振り返ってみると最初の1枚となった顔ハメ看板=静岡県東伊豆町で2005年9月撮影(塩谷さん提供)

 観光地で顔の部分に穴の開いた看板に、自分の顔を出して写真を撮ったことはないだろうか。「顔ハメ看板」や「顔出し看板」と呼ばれている。東京都内に住む会社員の塩谷(しおや)朋之さん(34)は約3300枚にはまってきた自称「顔ハメ看板ニスト」だ。

 塩谷さんが振り返ってみて最初の1枚だという顔ハメ看板は、2005年9月に静岡県東伊豆町の伊豆急行伊豆熱川駅前で撮ったものだ。一緒に行った友人にカメラのシャッターを押してもらった。最初の頃は何気なくはまっていた看板だったが、「楽しんでもらいたい」という作る人の素朴な思いに触れるうち、自分で調べて行くようになった。

 最初の1枚から12年半たった今では年400枚ぐらいのペースではまっている。最近はインスタグラムなど…

この記事は有料記事です。

残り1317文字(全文1644文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 元広島・黒田さん、義援金1000万円寄付
  3. 茨城・大洗町 財政難で救急車老朽化も買い替えできず
  4. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  5. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]