メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ハマりました。

顔ハメ看板 撮影は真顔で「敬意」忘れず

振り返ってみると最初の1枚となった顔ハメ看板=静岡県東伊豆町で2005年9月撮影(塩谷さん提供)

 観光地で顔の部分に穴の開いた看板に、自分の顔を出して写真を撮ったことはないだろうか。「顔ハメ看板」や「顔出し看板」と呼ばれている。東京都内に住む会社員の塩谷(しおや)朋之さん(34)は約3300枚にはまってきた自称「顔ハメ看板ニスト」だ。

 塩谷さんが振り返ってみて最初の1枚だという顔ハメ看板は、2005年9月に静岡県東伊豆町の伊豆急行伊豆熱川駅前で撮ったものだ。一緒に行った友人にカメラのシャッターを押してもらった。最初の頃は何気なくはまっていた看板だったが、「楽しんでもらいたい」という作る人の素朴な思いに触れるうち、自分で調べて行くようになった。

 最初の1枚から12年半たった今では年400枚ぐらいのペースではまっている。最近はインスタグラムなど…

この記事は有料記事です。

残り1317文字(全文1644文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 家裁送致 放火容疑中学生を窃盗で 地検 /熊本

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです