メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/220 第6章 28=高村薫 多田和博・挿画監修

 浅井忍は疲労困憊(こんぱい)して多磨霊園から帰り着くと、午後七時半という時刻を確認し、睡眠薬は服用せずにスマホ一台を手にベッドに転がる。夜は薬をやめてみるというのは、朝から決めていたことだったから実行したまでで、いまさらためらったり自分に確認したりする忍耐もなかったのが、よかったのか悪かったのかは分からない。いや、ごまかしても仕方がない。今日たまたま実家へ行ってすべての状況が変わったのが分かったいま、これは新たな地平へ出てゆくための一歩だし、もう迷っている時間はないのだ。

 早朝、仕事に行く前に呑(の)んだコンサータの成分はすでに血中には残っていない。眼(め)には見えない…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文948文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 IT講師刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
  2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  3. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  4. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]