在日米軍再編

辺野古工事差し止め却下 沖縄県、移設阻止困難に 那覇地裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡り、県知事の許可なく岩礁を破砕する行為は違法として、県が国を相手取って移設工事の差し止めを求めた訴訟で、那覇地裁(森鍵一裁判長)は13日、県の訴えを却下した。判決までの工事中止を求めて県側が申し立てた仮処分も同様に却下した。いずれも「門前払い」で、那覇地裁は県側の主張について判断を示さなかった。県は控訴を検討する。

 森鍵裁判長は、財産上の損害などがなく、単に条例や規則に従うよう求める訴訟を自治体は起こせないとする2002年の最高裁判例を引用し「訴えは不適法」とした。

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1186文字)

あわせて読みたい

ニュース特集