特集

第70期王将戦

第70期王将戦の特集ページです。3冠を誇る渡辺明王将に、タフな戦いを得意とする永瀬拓矢王座がどこまで迫るか。

特集一覧

第67期王将戦

きょうから第6局 久保が防衛か、豊島粘れるか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 久保利明王将(42)に豊島将之八段(27)が挑戦する第67期王将戦七番勝負第6局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、長野県松本市など後援、囲碁・将棋チャンネル協賛)が14、15日、松本市の松本ホテル花月で指される。久保が王手をかけて臨んだ第5局は豊島が1勝を返して踏みとどまり、久保が防衛するか、豊島が最終局に持ち込むのか、終盤の大一番を迎えた。

 13日に開かれた前夜祭で、久保は「いろいろな戦型を指してきたが、今まで準備してきたものを出していければいい」とあいさつ。名人戦A級順位戦プレーオフで、前日12日に3勝目を挙げた豊島は「自分でも意外なほど元気で体調も良く、将棋の調子も上がっている。全力でいい将棋を指したい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文488文字)

【第70期王将戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集