メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

伊調選手問題 内閣府、伊調選手から聴取 コーチは「パワハラ日常化」

 レスリング女子で五輪を4連覇した伊調馨選手(33)が13日、日本協会の栄和人強化本部長(57)からパワーハラスメントを受けていたとする告発状を受理した内閣府の聞き取り調査に応じた。伊調選手が所属するALSOKが同日、明かした。ただ「公正な判断の妨げになる」と現時点で詳細は公表しなかった。

 また、内閣府公益認定等委員会に告発したコーチ…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです