メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

伊調選手問題 内閣府、伊調選手から聴取 コーチは「パワハラ日常化」

 レスリング女子で五輪を4連覇した伊調馨選手(33)が13日、日本協会の栄和人強化本部長(57)からパワーハラスメントを受けていたとする告発状を受理した内閣府の聞き取り調査に応じた。伊調選手が所属するALSOKが同日、明かした。ただ「公正な判断の妨げになる」と現時点で詳細は公表しなかった。

 また、内閣府公益認定等委員会に告発したコーチ…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです