メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

米、浄化の道険しく チームドクター性的虐待 FIG会長「風土に原因」

 【ニューヨーク共同】米体操界が前代未聞の不祥事に揺れている。1990年代から米国体操協会のチームドクターを務め、五輪金メダリストら200人を超える女子選手に治療目的と偽って性的虐待をしたとしてラリー・ナサル被告(54)が最長で禁錮175年の判決を受けた。米国協会理事は総辞職に追い込まれるなどの混乱が続いている。

 3日のアメリカン・カップ開会式では新たに米国協会会長に就任したケリー・ペリーさんが大型画面に映し出…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです