メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民改憲本部

9条改憲7案提示 「必要最小限度」案が軸

自民党憲法改正推進本部の執行役員会であいさつする細田博之本部長(左から4人目)=自民党本部で2018年3月14日午前8時4分、宮間俊樹撮影

 自民党憲法改正推進本部は14日午前の役員会で、自衛隊の存在を明記する改憲の条文案を協議した。細田博之本部長は9条2項(戦力不保持)を維持、削除・改正する七つの条文案を提示。このうち2項を維持して、新設する9条の2に「必要最小限度の実力組織」として「自衛隊を保持」と規定した案での意見集約を目指す。15日の全体会合で詰めの協議を行う。

 提示された7案は▽2項削除▽2項維持で自衛隊を明記▽2項維持で自衛権を明記--の三つに大別される。

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  2. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

  3. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  4. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです