メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

対中制裁関税を検討 知的財産侵害を理由に

 【ワシントン清水憲司】ロイター通信は13日、中国による知的財産権侵害や技術移転強要に対する制裁措置として、トランプ米大統領が最大年600億ドル(約6.4兆円)規模の中国製品を対象に関税引き上げを検討していると報じた。発動すれば、鉄鋼・アルミニウムの輸入制限に続く強硬策となり、中国が報復措置をとるなどして「貿易戦争」に発展する可能性がさらに高まりそうだ。

 米メディアのポリティコによると、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が先週、米通商法301…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文803文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  4. 余録 お年玉付き年賀はがきの当選番号がきょう発表される…

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです