法務省

オウム死刑囚7人を移送 東京拘置所から5カ所へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京拘置所=本社ヘリから石井諭撮影
東京拘置所=本社ヘリから石井諭撮影

 地下鉄サリン事件などオウム真理教による一連の事件で死刑が確定した死刑囚13人のうち7人について、法務省は14日、東京拘置所から別の5カ所の拘置所への移送を始めた。一連の事件の刑事裁判は1月に全て終結し、法務省は教祖の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)ら13人の執行について慎重に検討している。

 13人は、坂本堤弁護士一家殺害事件(1989年11月)▽松本サリン事件(94年6月)▽地下鉄サリン事件(95年3月)--のいずれかで主要…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

あわせて読みたい

注目の特集