メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生笑一座

生きる、伝える…ホームレス経験者ら都内で公演

笑顔でポーズを決める「生笑一座」のメンバー

 ホームレスを経験した人たちでつくる北九州市の語り聞かせグループ「生笑(いきわら)一座」が19日、東京都内で公演する。一度は「もう死ぬしかない」という極限状態に追い込まれた人たちが笑いを交えて路上生活を語り、生きていれば笑える日が来ることを伝える。

     座長は北九州市でホームレスを支援するNPO法人「抱樸(ほうぼく)」理事長の奥田知志さん。小中学校でホームレスについて講演する機会が多いものの、実態を伝えるには当事者の言葉が必要と思い立った。抱樸の活動を通じて路上生活から脱却したメンバーとともに2013年に旗揚げし、年20回ほど学校などで公演している。都内では今回が初めてという。

     公演は、時に自らを精神的に追い込んでしまう子どもたちに向けたものだ。舞台に立つのは母の死で目標を失って野宿を始めたり、約10年の路上生活を送ったりした座員たち。多くの人たちの支えで今では笑顔でいられることを語り、苦しい時は我慢せず「助けて」と声を上げる大切さを伝える。奥田さんは「生きる喜びを感じてもらいたい」と話す。

     19日午後1~4時、世田谷区の三茶しゃれなあどホール(同区民会館別館)で。入場無料。公演後、奥田さんと保坂展人世田谷区長らの対談もある。先着100人。問い合わせは、イベントの共同呼びかけ人の中澤まゆみさん(03・5477・9891)まで。【銭場裕司】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
    2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    3. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる
    4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
    5. 気になる!保育所 おむつ処分 予算がない?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]