メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆

被爆前の記憶、色鮮やか AIで写真カラー化

カラー化された集合写真(画面手前)と元の写真(画面奥)を見つめる(左から)浜井さん、渡邉准教授、庭田さん=広島市中区の広島女学院高で

高校生ら取り組み

 被爆者の記憶をカラー写真で鮮明に--。広島市の広島女学院高校の生徒が、被爆者らが持っている原爆投下前の写真をAI(人工知能)を使ってカラー化する取り組みを進めている。生徒たちは「カラーになった写真を見てもらいながら当時の様子を聞き取ると、私たちも身近に感じることができ、証言を理解しやすくなる」と話している。

 核兵器廃絶を求める署名活動を行う校内の実行委員会に所属する1、2年生14人。実行委はデジタル技術を…

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文980文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです