メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラ

選手支え、技術者も奮闘 チェアスキー開発

ニュージーランド遠征に同行して、平昌大会代表の鈴木猛史(右)のチェアスキーを調整する石原さん=KYB提供

 平昌パラリンピックでアルペンスキー座位の選手が乗るチェアスキー部品の開発に携わっているのが、総合油圧機器メーカーのKYB(本社・東京)だ。2015年から日本障害者スキー連盟のオフィシャルスポンサーとサプライヤーを務め、現在は日本代表の5選手にチェアスキーのシートと板を連結する部品を提供。合宿や遠征に同行してサポートしてきた技術者でKYBモーターサイクルサスペンションの石原亘さんは「選手の意見を尊重して、コミュニケーションを頻繁に取ることが大事」と気を引き締める。【長田舞子】

 提供している連結部分の部品は、衝撃を吸収したりカーブで滑らかな滑りをしたりするために不可欠なクッシ…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文961文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. 浦和が7度目の優勝 仙台降す サッカー天皇杯
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. ORICON NEWS 松本人志、“M-1暴言騒動”久保田と武智を叱責「勉強不足。上沼さんをわかっていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです