メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラ

村岡桃佳、前半首位 大回転

 【平昌・長田舞子】平昌冬季パラリンピック第6日の14日、アルペンスキーは2回の合計タイムで競う大回転が行われた。女子座位には、アルペンで日本勢1大会個人最多となる4個目のメダル獲得に期待がかかる村岡桃佳(21)=早大=が登場。1回目を終え、2位に1秒40差をつけてトップに立った。

     男子座位では悲願の金メダルを目指す森井大輝(37)=トヨタ自動車=が1回目で途中棄権。

     ノルディックスキー距離のスプリント・クラシカル男子立位では、2010年バンクーバー大会金メダルの新田佳浩(37)=日立ソリューションズ=が予選を通過した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです