メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JOC

壮行会非公開、規制緩和を 日商と東商が要望

 日本オリンピック委員会(JOC)が平昌冬季五輪に出場する選手の所属団体に対しスポンサー以外の壮行会を非公開とするよう指示したことを受け、日本商工会議所(三村明夫会頭)と東京商工会議所(同)は14日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて各団体の活動の妨げにならないよう規制緩和を求める意見を公表した。両会議所は、大会組織委が要望しているアンブッシュマーケティング(便乗商法)に関する法制化に反対を表明し、各企業が機運醸成に参加しやすい環境作りを要望している。

 JOCは、平昌五輪開幕前、五輪マークなど知的財産を使用できるのは原則、スポンサーに限り、壮行会やパ…

この記事は有料記事です。

残り1031文字(全文1313文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  4. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです